スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助産所にてマタニティ・ヨガ

2010/01/28 06:48
助産所サンバハウスにて、
マタニティヨガを受けました。


ここのヨガは普通のマタニティヨガとは違うだろうなぁ
と思っていたら、やっぱり!!!
マントラを唱えたり、妊婦さんひとりひとりの週数や身体にあわせたポーズをとったり、、、こんなヨガは初体験でした!


ヨガの世界って、奥深いんですよね、私は素人なので全くわかりませんが、いろんな流派があったりするのかな??私が今回、感じたのは、身体からの声。というか叫び??


足の指先からは、
「もっともっと触って」


「わたしたち、こんなに温かくなれるのよ」


「もっとかまってね」


そんな声が聴こえてきました。
妊婦になってから、大きなお腹の向こう側にある足をセルフリフレすることが遠のいていました。。。


久々に、自分でかまってあげた足先は、赤くなったりピンク色になったり、ほかほかふわふわで、可愛かったです。ごめんね。もっと自分自身でかまってあげなくては。


それから、身体の右半身からの声。
「開きたい」


「助けて」


そんな声が聴こえるかのように、右側から「むかむかする苦しさ」のようなものが感じられました。


妊娠し、胎動が感じられるようになってからも、なぜだか右側にはあまりいない赤ちゃん。私の右半身のつまりをよくわかっているんだよね。整体やリフレを受けているときだけ、やたら右側に足を伸ばしたり、移動したりするんです。リフレでも、ヘッドでも、整体でも、「右、すごいバリバリだね」「右側、どしたの???」みんな、そう言ってたくさん触れてくれていました。


そのたびに、「そうなんです、右なんです」
そう答えていた私。


その不調、結局のところ、自分自身で心から感じていなかったのかも。
本気でどうしたらいいか、心から感じていなかったのだろな。
感じてないから、行動が変わってなかった。


今回、ポーズをとりながら、痛いほど感じた、右側からの声。


ごめんね。なんでこんなに右に違和感を感じているのか、それによって身体にどんな不調があるのか、それを解消するにはどうしたらいいのか、、、ヨガのインストラクターさん(でもありサンバハウスの助産婦さんでもあります)にアドバイスをもらいながら、やっと、右側と向き合うことができました。


あぁ、ごめんね。右側さん。
向き合えたら、身体は応えてくれました。
素直に応えてくれました。


赤ちゃんもわかるんですよね、
胎動を、右側で感じてます。


身体の声に耳を傾けてみよう。
そこから、感じるものがあるはず。
感じたら、動いてみよう。
身体は、ちゃんと応えてくれる。
スポンサーサイト

色でわかる!!

2010/01/28 05:59
浦安から、お友達と一緒にnaneaのワークショップに参加しました!
小さな息子たちも一緒だったので、車で向かいました。
道中も、相当楽しそうな息子たち。
歌を歌ったり、ふたりで笑いあったり♪言動が似ている二人は、息が合うのか、久々に会ったのに、とっても楽しそう


受けたワークショップは、Riccaさんの「色選びと子どものココロ」。
選んだ色から、そのときの気持ちを汲み取ってみよう!
というもの。


子ども達は、本当に素直に直感で色を選び、
また気持ちが変われば、すっと別の色を選びなおす。
見ていると、1歳代の小さな子でもそれは同じで、
選んだ色について、riccaさんのコメントを聞くと、
みんなお母さんたちが「うわぁ~当たってる!!!」と。


一緒にいったお友達も大当たりで、
色の持つ意味に感動!
我が家の息子は、青色が好き。


「ぼく、いろいろ知っているんだよ」


「もっとお話ししたいよぉ」


「いろいろ考えているんだよ」


そんな意味があったりするそう。
なるほど。当たってる。
息子との接し方を見直せるなぁ。


子どもの心を知るひとつの方法として、
母親が色選びの意味を少しでも知っているというのは、
子育て中にすごくいいヒントをもらえると思いました!


講座中、白紙に青いクレヨンで思いっきり色を塗りたくった息子は、その気持ちを白紙に出せて満足したのか、いつもnaneaにいるときと、全然違う!素の息子を全開に出していて(大暴れでごめんなさい・・・)みんなから「どっちが本物の○○くん??」と聴かれるほど。


お友達も一緒だったから、この日は本当に楽しかったようです!!
一日中、絶好調で、おもしろ発言とびだしまくり。
私も怒ることが少なく、一緒にいてこんなに楽しいものかと(いや、息子といる時間は楽しいんですが)、この日はなんだかいつもと違う一日でした。


感情の発散、大事ですね。。。

ブリージング!~生まれ変わる~

2009/12/24 06:43
naneaブリージングという呼吸のワークを受けました!

↓私が出て、感じたことを私の言葉で書いていきますね

普段あまり意識していない「呼吸」について考え、
感じていることをシェアし、
先生からいろんなお話を聴き、
その後、みんなでゴロンと仰向けになり、
先生の誘導を聞きながら、呼吸を意識して行うことで、
いろいろな気づきや体験を得ることができるワークです。

妊娠中の方、子育て中の方、コミュニケーションで悩まれている方、
身体の不調がある方、もうみんなに、
特に女性には、
ぜひぜひぜーひおすすめしたいなぁ~と思う内容でした!

今月は、スタッフ同士での参加
普段を知っているだけに、気づきも多かったのではないかな

1回目は、「自分を感じる、感情の扱い方」について。

みなさんは、吸うのと吐くのとどちらが好きですか???
私は、吸うほうが好き。と答えたのですが、
その答えを導き出してもらうまでも少し時間がかかりました。
普段は、吸ったり吐いたりに対して
「あぁ、好きだな~」とか思わなかったですもの。

吸うことは、受けとること、得ること。
吐くことは、手放すこと、与えること。

そのどちらもが大切。
どちらの呼吸が好きかを認識すると、自分がぐぐっと見えてくる!
実際にブリージングをやってみて、それを味わってみると、
おもしろいほどに、ますます自分のことがわかってくる!

私は、「吸って吐く」行為がしみじみ好きだなぁと感じました
吸いっ放しは嫌。吐いたら吐きっ放しも嫌。
いっぱい吸っていっぱい吐く、その連続した行為が気持ちがいい。

これが何を意味するのか、この日のワークから2週間、
考えながら過ごしましたが、いろーんな自分が見えました!!!

自分がわかったり、認めてあげたりができると、とても楽になりますね。
過ごしやすくなります

そして、2回めのワークは、「出生」について。
これまた気づきがたくさんたくさんあり、びっくりしました
出産が、こんなにも人生を語るとは・・・

自分がどうやって生まれてきたのか、
どうやって育てられたのか、
どんなことを受け取り、手放し、生きてきたのか、
そして、今、どうやって子どもを生み、育てているのか、

そんなことを振り返ったり、見つめたりすることで、
見えてくることがもう両手で受け取れないのでは?と思うほどにたくさんありました

まさに、子どもは親の鏡。
子どもが繰り広げる光景は、親へのプレゼンテーション。
出産は、まさにその最たるもの。
わが子がどうやって生まれてきたのかを見つめることは、
自分の人生をどうやって生きていくのかを考えることに。。。

それは、時には深い傷を見つめなおす機会になったり、
避けていたものを考え直す機会になったり、、、
でも、そのときに自分を受け止め、肯定してあげることもできる。
自分を受け入れてあげられたとき、初めてわが子を受け入れることができるのではないかな。

自分だけでなく、その場にいるみんなとのシェアもするので、
どうしてこんなにも人は、自分を否定したり、責めたりするんだろう・・・
と強く感じました。。。

無意識のうちに、そうしているのは、人間だから??
動物はそんなことないのかなぁ。

そんなことを考えながら時間はあっという間に過ぎ、最後にブリージングの実践。

今回の体験は、なんだろう・・・うーん、不思議な体験でした。

前半は、とにかく気持ちがよかった。
水に浮いてるような感覚で、温かく、穏やかで、
眠りについているような、起きているような・・・

胎動がものすごい、お腹から出てくるのでは?と思うほど
動く動く動く。。。。。

次第に、右膝がしびれて頭が熱くなりました。
と同時に、息子の泣き叫ぶ顔が浮かび、
「おかあさん」と私を呼ぶ息子の気持ちが、私の心に入ってきて、
小さい頃の私が「おかあさん」と泣きながら呼んでいる光景が浮かび、
そこにリンクしたような感覚がありました。

気づいたら、仰向けから横向けに寝ていて、
誰かが右の膝頭と頭に触れてくれていました。
(実際には先生なのですが)
「わかってもらえた」という安心感、
「母親にわかってもらえる」という安堵感、
でも、「わかってもらえないかもしれない」という恐怖、
そんな感情が、勝手に湧いてきました。。。

涙がじわわわわわーーーーーーーっと溢れ、とまらない。

次は、息子が生まれた直後の光景が浮かび、
「あぁ、抱っこしてほしかったよね、そんなむき出しは嫌だよね」
そんな気持ちが起き、今度は、お腹にいる子が生まれ出る瞬間の光景が
勝手にイメージされ、息子と主人と赤ちゃんをがむしゃらに抱きしめあう光景が
これまた勝手にイメージされ、ただひたすら、家族みんなを
「抱きしめたい」という感覚に。。。

その感覚を味わいながら、ブリージングが終わっていきました。

その後のシェアタイムにて、先生から
横向きになっていったのは、胎児の姿。
水にいる感覚も、羊水に浮かぶ赤ちゃんと同じ感覚。
私が気持ちがいいと感じたように、赤ちゃんも感じているだろう、
そして、感情が溢れでて、
みんなを抱きしめたいという想いが湧き出て落ち着いたこと、
これがオキシトシンの分泌であること。

オキシトシンは、ホルモンの一種。出産には欠かせないもの。
私の今回の体験は、まさしく「出産」の体験。とのこと。

うわぁ~、この感覚が本来の出産なんだ・・・・・
すごい!すごい!すごい!!!
これが出産なら何度もしたい!そう自然と素直に思える。
だって、すごい快感ですよ
ひとりめを生んだときには、微塵も感じられなかった感覚。

あぁーーーーーー、出産が楽しみでならない!!!!!
そう思えることに、感謝。
そんな気持ちをみんなにシェアしたら、先生ぼそっと、
「いい仕事したよなぁ~」と。一同爆笑。

笑いあり、涙あり、感動ありありありありのブリージング
他のみなさんの気づきも一緒にシェアできたり、
抑圧してきた自分の感情を手放すきっかけになったり、
滞っていたコミュニケーションを流す機会になったり、
よかったら、みなさま、体感してみてください

黒豆三昧♪@アトリエ・イド

2009/12/22 04:47
この日はオフ。と決めていた日。
息子も保育園をお休みし、一日一緒に過ごしました。

時間がいつもと違って流れ、
私もゆるゆると緩み、顔も骨盤も全身もぼーっという感じ。

今日はあまり怒らないようにしたい。
そんな想いもありました。

どうしても、日々の生活のなかで、
息子を怒ることが多い。。。「叱る」ではなくてね・・・

「いけん!いけん!」(岡山弁で「いけない、いけない」です
自分に言い聞かせる余裕もなくなるときがある。

怒るときは、自分がイライラしているとき。
自分がうまく行動できてなくて、自分に腹が立っているとき。
息子の何かが重なって、つい怒ってしまう。

これは、違う。わかっていながら、怒り出すと、とまらない。
大人ってだけで、親ってだけで、こんな理不尽なことしていいのだろうか・・・

反省です。

私の場合、時間にゆとりがあると、そうなる確率は低くなる。
時間配分、自分の日々の行動が、子育てを左右しているんだな。
ゆっくりした時間を過ごしてみて、改めて感じた。反省ね。

それとは別に、自分の気持ちの持って行き方も大事なんだけどね。

ゆるゆるな一日、数ヶ月前から楽しみにしていた「黒豆茶づくり」♪
主催は、こちら→アトリエ・イドさん

黒豆をサヤから出す手仕事、足?仕事をしながら、
黒豆茶を頂いたり、作り方を教えてもらったり、
陽が差し込むリビングからは、お庭や目の前の公園の木がたくさん見え、
縁側にいるかのよう。

あぁ~縁側大好きだったなぁ~
針仕事しているおばあちゃんと一緒にひなたぼっこしたなぁ~
干してある布団に、妹と一緒に寝転んだりしたなぁ~

そんなことを思い出しながら、いたずらする息子をさとし、
今日はのんびりのんびりさせて頂きました

まかないは、玄米おにぎり(←なんと黒豆の枝豆が入っていました!)と、
ごま油のきいた野菜ごろごろお吸い物と、
黒豆で作った納豆!!!
そして、黒豆の煮豆

おいしい・・・

Image7251.jpg

納豆ってできるんですね~びっくり
豆好きの私としては、なんとも至福なひとときでした
詳しくは、イドさんの素敵な写真付きブログでご覧下さい→こちら

そして、、、「サービスを受けとる」という立場で、
イドのLeaさんからは、本当にいろいろいろいろ勉強をさせて頂きました
身をもって体感。
Leaさん、ありがとうございました~

洋風マクロちっくキッチン!

2009/12/20 02:42
3回目、masaさんのマクロちっくキッチンに参加

masaさんは、こんな活動をされてます
M's kitchen

今月は、クリスマス気分を味わいつつ、
洋風おもてなしメニューでした♪
Image721.jpg

・かぶのホワイトクリームドリア
→マッシュルームとたまねぎだけでこんなにも味が出るとは!
 早速、家でも作りましたが、主人にも好評でした♪

・じゃがいものピザ
→クリスピー生地がこんなに簡単にできるとは!
 これまた週末の来客に向け、息子と楽しく4枚ほど作り置きしました!

・ブラウンシチュー
→これ、私はまりました♪なんとも優しい味で甘い!
 トマトと味噌がこんなに合うなんて♪
 お家でも簡単にできました!おいしい~

・バーニャカウダ
→とまりまへん!瓶詰めにして冷蔵庫へ!
 野菜がいくらでも入りますね~

どれも美味です
試食を一緒にした0歳児の子どもたちも、食べた食べた!
ママのご飯に出す手がとまらない!
おいしさがわかるんだね~

Image7221.jpg

このシチューにはまってしまいました!
美味しい~甘い~、こくがある~!
野菜の旨みを引き出すという考え方がすごく新鮮で、おもしろい♪
だって、味って付け足すものだとばかり考えているから。。。

コンソメにしても、出汁にしても、
ついつい後から足して補おうとします・・・
具材がもともと持っている味を引き出すっていう考え方、
なんだか子育てにも繋がるような気がしません??

子どもに何かをプラスするのではなくて、
本来どの子も、ものすごい力を持っていて、
それを引き出してやる、表に出してあげるのが
親や周りの大人たちの役目なんじゃないかな。

大人が何かを教えるとか、加えるとかすることのほうが、
おこがましいような・・・

おぉーそう考えると、私の子育てにもまだまだまだまだ
子どもをじっくり見てないところ満載!
親がどうしたいかではなくて、子どもをまっすぐ見る、
なんだかまた見えてきそうな気がします!

世の中のお母さんたち、一緒にがんばりまっしょー!!!

毎度、美味しくて勉強になるマクロちっくキッチン!
気づきの多いnaneaでのワークショップ!
masaさん、kiwaさん、ありがとうーございましたー!
 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。