スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉弟と兄妹

2010/04/03 21:23
一ヶ月検診にサンバハウスへ行ってきました。

ガスリーの検査で再検査項目があったので、
心配していたのですが、
結果も問題なしとのことで、ほっと一安心。
体重も、4,304kgと、
退院時から一日52gずつ増えている計算。
おっぱいもよく出ていて、
娘もよく飲んでくれ、ありがたいことです。

久々にサンバハウスに行ってきましたが、やっぱり気持ちがいい所です。

妊婦のときは定期的にサンバに行きますが、産後それがなくなるのが淋しかったりします。
妊婦仲間もみんな、同じこと言います。

それだけ、いい「気」が流れている所なんだなぁと感じるのです。

そんなサンバで出会った妊婦さん仲間が、遊びに来てくれました。
お菓子作りが好きな彼女、こんなに素敵なおやつセットを持って。

Image8141.jpg

バナナケーキ、青のりクッキー、胡麻クッキー、どれも身体にいいお菓子♪
子供たちもとまらず、すぐに売切れです!
桜の花までo(^-^)o
嬉しい心遣い。
ごちそうさまです。

お互い、上の子が同い歳の一ヶ月違い。
二人めも一ヶ月違い。
我が家は、兄に妹。彼女のほうは、姉に弟。
上二人は、小さな弟と妹が可愛くてしかたない様子。
彼らも、まだまだ小さいのにね、と母たちはそんな四人の姿がほほ笑ましかった。

Image813mini.jpg
元気な兄&姉の傍らで、スヤスヤ眠るばかりの弟&妹。
なぜか二人は、見ると必ず同じ方向を向いて寝てるのでした。

Image816mini.jpg

母たちは、おしゃべりに花が咲き、幸せなひとときでした。
遊びに来てくれて、ありがとう~。
また遊ぼうね。
スポンサーサイト

兄妹

2010/03/24 22:23
昨夜、ほほえましい場面がありました~

おやすみの前、息子がベビーベットにいる娘のところに行き、何やら小さな声で話し掛けている様子。

「○○ちゃん、大丈夫だよ、ぼくがいるから大丈夫、大丈夫。ぼくがいるから、おばけ来ないし、大丈夫!」

娘の頭をなでながら、そう言っているのでした。

最後は、おやすみのチューまでしてました。

こんなお兄ちゃん欲しかったなぁ~と、娘がちょっとうらやましくなりました。

久々の、、、

2010/03/24 07:01
息子は、久々の保育園を思いきり楽しんで来たようです。
夕飯の食べ方で一目瞭然。

たくさん動いてお腹が減っているんですね~
すごい量を食べますし、いつもは手をつけない苦手な野菜も自らモグモグ。
お箸も次々と進みます。
椅子に座って、食事に集中しているのがよく分かります。
ニコニコと楽しそうに食べてます。

見ていると、久々の保育園が楽しかったんだなぁ~と感じられ、母も嬉しくなります。

先生のノートにも、お友達との関わりを喜んでいた様子やお休みの間の出来事を先生にたくさん話したこと、「お兄ちゃんになったんだー」と嬉しそうに話していたこと、お昼寝もご飯も十分とれたことなどが書かれていました。
保育園通いが始まって約一年。
最初は泣いていたけれど、今は保育園が彼の生活のひとつになっているんだな。


今日も元気に行ってらっしゃ~い!

いよいよ~

2010/02/05 22:53
いよいよ、36週も明日で最後。
日曜日からは、妊娠37週。正期産に入ります。


ブログ、ご無沙汰でごめんなさい。。。
たくさんのコメントもありがとうございました!
とっても嬉しかったです!!!!!
返信遅くなりましたm(_ _)m

このところ、日に日にお腹が大きくなり、
胃や胸への圧迫も増してきました。
いよいよ臨月だなぁ~という感じがします。
恥骨や仙骨に痛みは感じるものの、
まだ赤ちゃんはよく動き、降りる気配はありませんが、
身も心も準備しておこうと思います。


息子も保育園が今日まで。
来週から1ヶ月は休園です。


お迎えに行ったら、「ぼくはこなくなるから、またね」と言って、
お友達に次々と握手を求めてバイバイをしていました。
先生にも、「おじいちゃんとこにとまるの」と話していたそうで、
そのあたりもよくわかっている様子。
実際に赤ちゃんが生まれたら、どんな風に振舞うのか、
私は、楽しみです!!!


坂道を登っていると、
「おかあさんのぼれる?」
「て、つないであげるね」
「ね、がんばれるでしょ??」と言って気遣ってくれたり、


安産灸をしていると、離れたところに座って、
「ぼく、ここにすわるね」そして、


煙に向かって、一礼し、
「赤ちゃんをおねがいします」と言って
(これには、びっくりしました!)


「ぼく、あれになるんだよね」
「おにいちゃんにね」と自分に言い聞かせるように話していました。



なんか、人間の成長ってすごいですね。
2歳と7ヶ月。
お腹から出てきて、たったの2年なのに、
いろーんなことが見えてきているんだなぁ。
逆に、子どもだから、自然と感じることなのかなぁ。


息子を見ていると、勉強になることがたくさんあるなぁ。


今夜は、足をもみもみしていたら、すぐにトロンとして、
居間で眠ってしまいました。
その後、クラニオお手当てをしたら、
すごい反応。。。


彼なりに、一生懸命、お兄ちゃんになろうとしているのかな。
彼の頑張っている心と身体に、私からも感謝をして、
「ありがとう」


さぁ、私も、一緒に眠ろう~っと。
おやすみなさい。


おちついている

2010/01/16 15:33
今、お腹にいる赤ちゃんは、
お風呂に入っているときに、とってもよく動きます
気持ちよさそうに動くから、
あぁ、温かいんだね~と言いながら、
お腹をさすります。


病院で逆子が治ったと知る前日の夜、
お風呂のなかで、
逆子が治る向きに横たわりながら、
(私の場合、左が下でした)
浴槽に浸かっていると、
なんとなく、ぐるぐるっといったような・・・
そんな気がしました。


それでも、まだよくわからなかったので、
ちょうど先にお風呂から上がっていた息子に、


「ねーねー、赤ちゃん、いまどんな感じ?」
とたずねました。


息子は、お腹を見上げながら、


「おちついてる~」と。


そんな答えが返ってくるとは予想もしなかったので、
びっくりしつつも、


「あぁそうなんだ~おちついているんだね~」
と、なんだか素直に
「落ち着いているなら、よかった」
そう思えました。


数ヶ月前、
「小さい赤ちゃんいるよ~」

そう言って私に妊娠を教えてくれたのも
息子とお風呂に入っているときでした。


なんだか、お風呂に縁があるのかしら。



結果的に、翌日のエコーで逆子が治っていることが
判明し、3Dエコーだったので、
息子にそっくりな寝顔を垣間見ることができ、
二人が顔をあわせるのが、ますます楽しみになりました
 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。