スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

返す

2010/04/06 06:58
お父さんの帰りが遅かった日。
娘が寝ている間に、息子とお風呂に入り、私が「次は赤ちゃんをお風呂に入れてあげようか」と言うと「うん、ぼくが手伝ってあげる!」とやる気満々の息子。

娘をお風呂に連れて行くときも、ガーゼのタオルをしっかり持って準備万端。
私が娘をお風呂に浸からせると、息子は「お兄ちゃんがおててもっていてあげるからね」と、いつもお父さんがやっているように両手をちゃ~んと握ってくれました。

頭を洗うときには、一緒に頭を流してあげたり、息子のほうから脇の下を洗おうと腕を伸ばしてあげていたり。
お父さんの姿をしっかり見ていたんだなぁ、お兄ちゃんだなぁ。

私が何も言わなくてもすすんで出来た息子に、素直に感動しました。

子供たちは、いつも私に感動を与えてくれる。

私は、このふたつの子宝に、何が返せるかな。
スポンサーサイト

イライラと子育て

2010/01/03 22:42
子育て中、どうしてもイライラすることって
ありますね・・・

今日はこんなことがありました。
少し、体調が思わしくなさそうだったので、
今夜は、とくに早く寝かしたい!
そう思って、

「寝巻きを早く着てね!」

「お布団に入ってね!」

「はい、はい、次これ、次!」という感じで、
息子を急かしてました。。。

そんな親の状態を見て、
子どもがちゃっちゃとやる訳もなく、、、
余計にグズグズ・・・そりゃそうです。

「喉がかわいた!お茶飲みたい!」と。

私も、ため息しながら、
「はい、どうぞ!!!」と。

息子は、「自分で!」と言いながら、
コップを放さず、私はこぼすだろうからと、
コップを放さず・・・・最後は、びしゃっ。。。

ここで、私が怒ってしまったのは、
想像がつきますよね・・・

息子を早く寝かせてあげたい、
その親としての想いがあるからこそ、
イライラ。。。
本当は、子どものためにという想いからなんです。

でも、怒られた本人にはそれは伝わらない。
怒っているお母さんしか見えないから・・・
怖い顔のお母さん。
寝る前に、こんなの嫌ですよね・・・

ごめんね。心で想っても、伝えなくちゃ伝わらないね。

「本当はお母さんも怒りたくないょ。
ごめんね。嫌だったね。」

「うん。」そう言って、抱きつく息子。
「ぎゅー」って言いながら私を抱きしめてくれました。

どっちが親なんだか・・・

布団に一緒に入って、腕枕して、言いました。

「お母さんね、君がお母さんの息子で本当に
嬉しいんだ。君がお母さんを選んでくれたこと、
ほんっとーにありがとうね。大好きだよ。
お父さんもそう想っているよ。
お父さんとお母さんのところに、来てくれて、
ほんっとーーーーに、ありがとうね。」

気付いたら、寝てました。すやすやと。

ごめんね。怖い顔してごめんね。
母も、子どもと一緒に成長していかねばね。

子育て、親育ち。

たくさんの想いを込めて、今夜はたっぷりお手当て。
息子の身体に手を当てて、
「どうかさっきの怖い顔が夢に出てきませんように」
「ぐっすり眠れますように・・・」

身体の緊張がとけ、緩んでいくのがわかりました。
本当にごめん。ゆっくり寝てね。

明日は、とびきりの笑顔で「おはよう!」って言おう!

産む場所

2009/12/18 18:43
やっとこブログにたどり着きました・・・
すみません、更新遅れまくりです。
ここのところの出来事をぼちぼち書いてゆきます。
お付き合い頂けたら、嬉しいです

2月末の出産に向けて、産む場所を落ち着かせました。
ここで生みたい!そう感じたので、
こちらを選びました。
助産所サンバハウス

Image718.jpg
ボケボケ写真ですみません

民宿のような雰囲気です。
囲炉裏こそないものの、木の造りの旧家屋といった感じでしょうか。
実家の雰囲気にそっくりで
それもまた落ち着く感じです

助産婦さんたちとお話するのに、
自分の言葉で“出産”を話し始めたら、
「あぁ、もうすぐだなぁ~」とか
「産むんだなぁ~」とか
「嬉しいなぁ~」という実感がふくふくと大きくなってきました♪

お産に向けて、少しずつ少しずつ準備している感じです。
この自然とわいてくる温かい気持ちを
大切に大切にしたいですね

Image724mini.jpg

女の子のようなので、じゃん!お花柄~
いやぁ~やっぱり欲しくなるもんですね

家族のこと

2009/09/15 00:53
結婚記念日のお祝いに、
週末に息子を実家にお願いし、
主人とふたりで焼肉に行きました

確か、妊婦の頃に行ったのが最後だったので、
それこそ結婚一年目の年・・・
何年ぶりに焼肉屋さんにいったのだろう??

ふたりきりで改まって食事をするのも、
久しぶり・・・

いろんな話が出来て、
有難い貴重な時間となりました

おじいちゃん、おばあちゃん、そして息子くん
ありがとう。

家族のこと、子育てのこと、自分のこと、、、
大事なことをたくさん話せてよかったなぁ。
やっぱり主人と話すとホッと安心しますね

ありがとう

結婚式

2009/06/16 03:18
先日、大学時代の友人の
結婚式に参列してきました

モデルさんみたいにきれいな彼女は、
そのドレス姿が、まさにお姫さま
とーってもきれいでした

私は、着物で参列
久々に着付けしていただき、
たびたびながら、、、
「あぁ、自分で着られたらどんなにいいだろう」
と、着付け、習得したいなぁと
毎度のことながら思いました

さて、披露宴では、
友人余興ということで、
女子大の仲間と一緒に
ハンドベルを演奏させて頂きました

「世界にひとつだけの花」

本番ギリギリまで練習していた成果が
実りました!

本番は、今までで一番良かったのでは
と思うほどの出来

私は、みんなの心がひとつになった感じが
しました

主役も涙がぽろぽろ。
あぁ、感動
幹司さんはじめ、みんな、やったね

そして、二次会もとっても素敵な会場で行われ、
演出も見事で、とても楽しいパーティでした

最後に、サプライズで、
両主役に、
それぞれのお母様からのメッセージが
スライドに流れました・・・

気づいたら、
私は母親の立場で
その文章に触れていました

大きな感動とともに、

子供を育てるという責任の大きさ、
また、その喜びといったら
何にも代えられないものだということ、
子供に対する想い、親に対する姿、
子育てするなかでの母親としての役割、

そんなことを改めて感じさせて頂きました

友人としても、同じ女性としても、
また、母親としても
いろんなことに、とっても感動した一日でした

素敵な結婚式にお招き頂き、どうもありがとう
 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。