スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツボを心得る

2008/11/26 10:11
お休みの日に、台湾式リフレを30分受けてきました
お勉強とリフレッシュを兼ねて
(相反するもののような気もしますが・・・

けっこうよい勉強になりました
ツボの確認も兼ねて、
「そこ痛い!なんのツボですか?」
「そこは大丈夫!なんのツボですか?」
と、質問攻め・・・
担当のお姉さん、ごめんなさい

自分がお客様の立場に立つと、見えてくることもたくさん。
こういうところは、こうしたらいいいのね、
ふむふむ、でも、これはあまり嬉しくないなぁ・・・
などなど。

そして、やっぱりツボに入られることが一番嬉しかったな
痛い箇所がわかって、自分の身体のことを知れるから。

なるほど、ワタシ、腸がお疲れなのね・・・
そう言えば、最近お通じよくないなぁ。水分摂ろう!とか。
膝かぁ、やっぱりなぁ、最近抱っこが重くて・・・などなど。

自分の身体と会話しているみたいで、楽しいんですよ

ツボを心得る。リフレで絶対的に必要な技術ですね

お話かわって、先日、お友達のKち&Yちが
お泊りに来てくれたのですが、
ふたりから頂いたお土産が、これまた私のツボでした

081122_103517K.jpg

イデーのクッキーに、レトワールドゥソレイユの鍋しき

081122_103620Y.jpg

鳥獣戯画が描かれた茶筒に入った国産ほうじ茶

ふたりのコンビネーションもぴったりで、
このクッキーにほうじ茶が合う合う
めちゃめちゃ美味しかったです

鍋しきの色合いにも、鳥獣戯画の可愛さにも、脱帽
ふたりのセンスと優しさが心をくすぐって、
とっても嬉しかったです
ほっとして、癒されました・・・
ツボを心得てくれている友達ふたりに感謝感謝なのでした
スポンサーサイト
← 自然の力 | Home | 感謝のきもち →



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。