スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の力

2008/11/29 01:39
いい本を見つけました

081128_235051本

藤田紘一郎さんという東京医科歯科大の先生が
書かれた本です。

なぜ、今アレルギー体質の子どもたちが増えているのか、
から始まり、丈夫な子を育てるためにはどんなことが必要か
が分かりやすく、いろいろな例を挙げられながら書かれています

こういう本に出会ったのは、初めてでしたが、
とてもいいことが書かれているなぁと思いました。

子どもが本来持っている免疫力を高めるには、
ある程度の汚いもの(細菌やウィルス)をはじめとする
異物との共生が必要であること。
今は、過保護に育てられた子どもが多すぎる。
粗食や不衛生が、逆に子どもたちを強くするということを
母親たちに知っていて欲しい。
免疫力が高い子どもは、いつも元気ハツラツ!
ちょっとのことで、くじけない丈夫な身体を持っている!
免疫力が低い子は、すぐに風邪をひいたり、
熱を出したり、お腹が痛くなったり、体力も無く、
ひ弱な感じになっていってしまう。
                    などなど

なるほどなと思うことがたくさんあり、
参考にしていきたい内容が詰まっていました

なかでも、印象的だったのが、
「賞味期限をアテにするのでなく、五感を大切に」
という内容のところ
ついつい食品の表示を細かに気にしがちですが、
もっと大らかに、自分のなかの感覚を信じて
判断してもいいのよね~と思いました

そういう自分のなかの感覚って大事ですよね。
それが生きていくための手段になったりもしますし。
子どもにも、ぜひ身につけていって欲しいな。

それから、この先生が、
「何でもすぐに抗生物質や抗菌グッズを使用する
母親を見るけれど、それでは、もともと子どもに
備わっている免疫システムの構造が壊れてしまうのだよ」
という内容のことを言われていて、
これまた、なるほどなと思いました

人工的なもので対応するのでなく、
自然の力を借りて、
本来の人間が持つ力を引き出してあげる。
そういうことが出来ると思うし、
そういう考え方って、いいなと思いました。
(科学や医療の力を借りるべきときもあると
思いますし、もちろん否定はしませんけどね

生活リズムを整えて、
旬のものなんかをたっぷり食して、
自然の力をたくさん借りて、
今日も明日も元気に過ごしていきまっしょー

【お料理ひとくちメモ】
お米を保存するところに、一緒ににんにくや赤唐辛子を
入れておくと防虫になりますよ
081022_062539こめびつ

夏は、どうしても虫くんが・・・でも、これなら大丈夫です
(精米時に殺虫剤を使用している場合は、
虫も出なかったりするそうですが、そのほうが
かえって恐いような気がしますよね・・・
虫くんが出るくらいのほうが、安心だったり・・・
にんにく・赤唐辛子なら自然のものなので、安心ですよ~
スポンサーサイト
← リフレ塾(第二回目) | Home | ツボを心得る →



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。