スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「産む」ということ

2010/01/14 11:29
先日、naneaにてブリージング講座に出ました!
今回で、最後のブリージング。

そして、昨日、助産所の母親学級のようなものに
参加しました。
みんなで、出産について想いを語ったり、
実際に産んだ方のお話を聴いたり、
座談会のようなものです。

ふたつの講座に出て、
もう一度「産む」ということに焦点を
当てよう!!!

そう思いました。

私のお腹にいる赤ちゃんは、
いま、逆子ちゃん。

これが何を意味しているのか、、、
わかっているつもりです。

でも、実際には、それを正面から受け止めてない
のかもしれない・・・

行動が変わってないから。

事実をきちんと受け止め、
気持ちが変われば、行動も変わる。

心が変わってないのに、
行動が変わるわけもなく、
行動が変わらなければ、
身体は変わらない。。。

心と身体は、常につながっているということ。

頭でわかっているだけではだめで、
心が感じてないと、動けない。

感じてますか?ワタシ。

もう一度、立ち止まってみよう。
ゆっくり、落ち着いて、息を吐いてみよう。

さぁ、ワタシ、ここからどうする???


以上、ひとりごとでした
スポンサーサイト
← 産むのは、わたし | Home | つぶつぶを食べに・・・ →



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

私もそう思います!

頭で分かったつもりになっていても、
行動が変わっていなければ感じていないということ。
そう思い込もう!ってことって、心に嘘をついているようで、
私も、心で感じられないと、行動に移せない人です。
でも、まず行動すれば、心が変わっていくこともありますね。

いつも気づきをありがとう!



>willさん

コメントありがとうございます♪
こちらこそ、いつもたくさんの気付きをありがとうございます!
また、ゆっくりお話できる機会があると嬉しいです!!



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。