スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事の講座

2008/12/09 16:42
以前、ははこのじかんの食事講座 に参加して、
とーーっても為になった経験から、
多くの方にこの講座を聴いてもらいたい
と思い、私の実家近くで講座を開催したいと、
今、計画を立てています

講師は、もちろんははこのじかんのsachieさん
これから、地元さいたまでのママたちの意見を
たくさん聴いて、楽しい会になるよう、
頑張ってみようと思います

私が講座に参加したのは、夏。
その頃、ちょうど1歳過ぎだった息子は、
まだまだひとりでは、食べられませんでした

私もまた、子どもの食事に対する方針など
あまり深く考えずにいました。

それが、この講座に出て、
「あぁ、こういうときはこうすればいいのか
「なるほど、だから、食べなかったのね・・・

と、子どもが食べてくれない行動の原因がわかったり、
食事中の私の接し方もどうすればよいのかわかったり、

“子どもの食事”に対して、道が開けたように感じ、
一本の道すじ、信念のようなものを固められたのです

少し、オーバーな表現かと感じられるかもしれませんが、
子どもの食事は、母親にとって、それはもう、
作るのも食べさせるのも手がかかるわ、
こぼされる、汚される、遊ばれてイライラさせられる、
「んもう、それなら食べなくていい

で、食べさせなかったらそれはそれで、
「あぁ・・・やってしまった・・・
 どうにかして食べさせるべきだったよな・・・
「あぁ食べなかったから、夜こんなに起きるんだわ・・・
 ひーーん、こっちが泣きたいよぉ・・・

なんて具合に、毎日格闘なんです。

それを、食べる時間内に、集中して、しっかり食べてくれて、
ひとりで上手に食べることが習慣づいたら、、、
なんて母は大助かりなんでしょう~

私は、今、ずいぶんと楽になりました
しっかり集中して食べてくれるようになりましたし、
ひとりで上手に、スプーンやフォークを使ってくれます
コップもだいぶ早くから使えてましたし、

まだ、手がおぼつかずにこぼしたりすることはありますが、

食事中のあのイライラ感や、
食べてくれないことでのモヤモヤ感は、なくなりましたよ

今は、子どもが食べ物に集中している顔を見るのが好きです

そんな私自身の経験があるので、
少しでもママたちがハッピーになれるのなら、
ぜひとも開催しようと、
初めての講座主催ですが、頑張ってみようと思っています!

保育園などで集団生活をしている子どもたちは、
そこで食事の食べ方なども学んでいますよね。
でも、おうちにいて、初めての子育てだったりすると、
なかなか上手く教えてあげられなかったりします。

そこを、プロである保育士のsachieさんに
レクチャーしてもらうことで、
おうちでも気持ちよくご飯を頂けるように・・・
というのが、この講座の目的です

もし、これをご覧になって、食事の講座@さいたまに興味が湧いた方は、
ぜひご意見・ご感想などをお聞かせくださいませ・・・
スポンサーサイト
← そろそろ、バイバイ?? | Home | シチューポットパイ →



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

素晴らしい企画ですね。
waleaさんのお子ちゃまが
コップで飲んでいるのを見た時
 わ~凄いv-237
と思いましたものv-205
是非 実現してくださいねv-22



エンゼルさんへ

ありがとうございますi-179
そうそう、あのとき、
たくさんのお子さんを見ているエンゼルさんに
そう言ってもらって、とても自信にもなったし、
これは私のなかだけで留めるのはもったいない!と
思ったのですよi-236

成功するといいなi-184



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。